YSP静岡東

YSP浜松
YSP袋井

TEL: 054-265-4546
営業時間:10:00〜19:00
定休日:水曜日

YSP静岡東ブログ

スタッフ雑記帳

2017年10月25日 水曜日 10:37

今日からプレスデーが始まり、10/28(土)からは一般公開される「第45回東京モーターショー2017」
YAMAHAブースをはじめ各社がどんなモデルを出展するのか!? 楽しみですね〜♪

 

 

YAMAHA MOTOR EUROPEによって公開されている「Ride the Revolution」と名付けられたムービーの意味も今日の13:30には明かされるし、メーカーの公式アカウントや各社メディアもWebやSNSで情報発信を朝からしているので、目が離せません。

Ride the Revolutionとは?

Ride the Revolutionとは?

 

 

 

 

 

そして、東京モーターショーが閉幕するとすぐにヨーロッパでの見本市・EICMA2017(通称ミラノショー)が控えています。
MAXシリーズやMTシリーズの発表が行われてきたミラノショー。

「今年はなんだと思う?」と問いかけられていますが、みなさんは何が登場すると予想しますか?
東京モーターショーでお披露目したモデルだけをミラノショーに展示するってのもツマラナイので、東京では登場しない“隠し玉”が仕込まれていると勝手に予想。さてさて何だろう!!??

レース情報

2017年10月24日 火曜日 18:16

台風が日本列島に接近していた先週末。
スポーツランドSUGOでは全日本モトクロス選手権の最終戦が行われていました。


金曜日から日曜日まで雨が降り続け、土曜日の予選がキャンセルになったりレース時間の短縮、コースのショートカットなど“いつものSUGO”ではない状況での開催となったこの大会でYAMAHA FACTORY RACING TEAMの渡辺祐介選手がIA2クラスで自身初となるチャンピオンを獲得

2017年 全日本モトクロス選手権 IA2 渡辺祐介選手がIA2で自身初のチャンピオンを獲得|ヤマハレースリリース

2017年 全日本モトクロス選手権 IA2 渡辺祐介選手がIA2で自身初のチャンピオンを獲得|ヤマハレースリリース

 

 

昨シーズンまでは若手育成をめざすユースチームより参戦していた渡辺選手は、今年からYAMAHA FACTORY RACING TEAMに昇格しました。
渡辺選手の“ホーム”ともいえる6月のSUGO大会でファクトリーライダーとして初めての優勝後は、シーズン序盤の怪我による出遅れを取り戻すような戦いを重ねチャンピオンシップのライバルを追撃。前戦・第8戦関東大会で逆転しランキングトップで最終戦・MFJGP大会を迎えました。

 

ハードなコンディションとなったレースでもライバルとの直接対決を制し、2013年に国際A級に昇格して以来初のIA2チャンピオンに輝きました。

 

おめでとう!渡辺選手&YAMAHA FACTORY RACING TEAM!!🎉

 

 

 

今度の週末は同じくスポーツランドSUGOで全日本トライアル選手権の最終戦が、来週末は鈴鹿サーキットで全日本ロードレース選手権の最終戦が開催予定です。
当店では、ロードレース鈴鹿最終戦のYSPオリジナル応援チケットを販売中!
今シーズンの集大成を迎えるYAMAHAライダー達へのご声援をよろしくお願いします!

スタッフ雑記帳

2017年10月18日 水曜日 17:50

前回、2015年の東京モーターショーで初お披露目されたヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT ver.1」
2015年のマイルストーンは“最高100km/hの直進走行、スラローム走行、旋回走行の達成”。
翌2016年にはサーキット走行を開始し、挑戦相手であるバレンティーノ・ロッシ選手と対面

 

 

 

 

10月27日(金)〜11月5日(日)の期間、東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」では、「MOTOBOT ver.2」として技術展示されることになっています。
2017年の開発マイルストーンは“人間の運転を上回るパフォーマンスの要件を解明し、最高速度200km/h以上でのサーキット走行”。

 

果たしてMOTOBOTは、あのバレンティーノ・ロッシ選手よりも速いのか!?
みなさんはどう思われますか?

 

ヤマハ発動機の東京モーターショー・スペシャルサイトでは、MOTOBOT vs Rossiの予想投票を受付中!

WHO'S FASTER?

WHO’S FASTER?

 

 

2台同時にスタートだったら・・・ロッシ選手の圧勝な気がします。
んー、でも同じコースのタイムアタック勝負だったら・・・?

 

MOTOBOTの説明に、

MOTOBOTは、スピード・エンジン回転数・姿勢などの情報を元に、搭載した6つのアクチュエータ(※)を制御し、自律的な車両の運転操作を行ないます。今後は自車位置を認識する技術(高精度GPSや各種センサなど)や機械学習により、サーキットコースの最適ラインやマシン性能の限界をMOTOBOT自らが判断し、走行を重ねることでラップタイムを向上させていきます。
※ステアリング・アクセル・フロントブレーキ・リアブレーキ・クラッチ・シフトペダルを操作

とあります。

 

走行を重ねると…ってことは走り慣れてる“ホーム”コースだとMOTOBOT有利!?

 

これ以上は寝かせられないかも〜って状況でも、必要に迫られれば足や膝や肘を出すことでそのバンク角を維持しつつバランスも保つってことを人間はやりそうだけど、それがロボットにもできるのだろうか?という個人的興味があります。

「限界に達したらバイクを起こす」というプログラムなら起こすだろうけど、MOTOBOTの制御はどうなっているのかな?

 

 

みなさんはどちらが勝つと予想します??

イベント

2017年10月17日 火曜日 19:14

いよいよ来週月曜日と迫った10月23日開催の「YSP鈴鹿サーキットランミーティング2017」。
中部圏のYSP店合同のサーキット走行イベントまであと6日となりました。

10/23(月)「YSP鈴鹿サーキットランミーティング2017」

10/23(月)「YSP鈴鹿サーキットランミーティング2017」

 

 

週間天気予報を見ると、月曜日の降水確率がちょぉっと高めなのが気がかりですが…きっとこの先天気予報も変化していくと期待しましょう!

 

 

「ずっとここを走ってみたかったんだ!」と海外のレーシングライダー達も憧れる鈴鹿サーキットのフルコースを自分の愛車と一緒に走ることができる「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」。

サーキット走行は“速く走る”ためだけでなく、自分のライディングを磨くため、ライディングの自信をつけるためにも効果的です。


「あの鈴鹿を走った!」という経験は達成感と自信を得られるし、それは余裕のあるライディングにつながります。余裕が持てれば、その分ライディングに集中できたり視野を広げられたり…緊張状態でのライディングよりもより多くのことができるようになって結果スキルアップさせることができるんですよね。

 

 

「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」の走行時間をより充実したものにするために!
レーシングライダーのオンボード映像でイメージトレーニングをしてみるのはいかがでしょう!?

 

ご紹介するのは2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズチャンピオンを獲得したGMT94のライダーによる鈴鹿走行映像です。
コースはもちろん、カメラを搭載しているライダーのダッシュボードも見えますし、前を走るチームメイトの姿もあってよりイメージしやすいと思います。

 

 

 

右コーナーが続く、とか、この後は回り込んでいる、とか、コースレイアウトをなんとなく把握しているだけでも走りやすさは変わってくるハズ!
お時間あればぜひチェックしてみてくださいネ。

 

スタッフ雑記帳

2017年10月17日 火曜日 17:53

10月13日(金)から15日(日)にツインリンクもてぎで開催されたMotoGP・日本グランプリ


ワイルドカード参戦する中須賀克行選手に加え、残念ながら体調不良のため欠場せざるを得なくなったフォルガー選手の代役として野左根航汰選手の参戦が急遽決まったり、3日間一度もドライにはならないコンディションで普段とは異なるライダー同士のバトルが見られたり、そして大きな歓声と興奮とため息を生み出した最終ラップのトップ争いがあったり。

今年も、世界最高峰のロードレース選手権は大盛り上がりでした。

 

 

そんな中、YAMAHAブースの一角にそっと(?)姿を見せていたのがこちら。

New マジェスティS

New マジェスティS

New マジェスティS

New マジェスティS

 

 

外観が変わったNew マジェスティS
市販予定車としてもてぎでお披露目されていました。
こちらの情報によれば、正式発表はもうすぐの模様。

 

 

 

さらに、まもなく国内デビューを迎える「XSR700」も展示されていましたよ!

XSR700

XSR700

 

 

雨だったのと、ブースステージでのイベント直前でスペース縮小中だったのとで跨がりは断念。。。(¯―¯٥)
しかし、やはり見ただけでも「MT-07」と比べるとシートが高い印象でした。

←MT-07 XSR700→

←MT-07 XSR700→

 

 

シャープな印象の「MT-07」ももちろんかっこいいけれど、自分自身のライディングスタイルには「XSR700」のようなスポーツヘリテージが合ってると思うんだよな〜。でも「MT-07」の足つきの良さも魅力的♪
実際に「XSR700」と「MT-07」を隣に並べていろんな角度から見比べたり、跨がり比べしたりできる日が待ち遠しいっっ!!

 

 

New マジェスティSの発表も「XSR700」の発売ももう間もなくです。
みなさまどうぞお楽しみに(^^)

YSP静岡東からのお知らせ イベント

2017年10月13日 金曜日 17:37

 

楽しみにしていた。

10/15(日曜日)イーハートーブの森・OFFツーリングですが

降水確率90%の為、中止とさせて頂きます。

 

が!!

まだまだ年内イベントがあります!

11月12日・あらさわ自然公園にてファミリーBBQ!!

店頭にて受付申し込みお待ちしております。

 

 

< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >